イタリアンのシェフの彼との衝撃な思い出

イタリアンのシェフの彼との衝撃な思い出イタリアンのシェフをしていた彼。大阪と東京の遠距離恋愛でしたが、仕事が多忙な彼に会う為に月に1度は私が東京の彼の家に、週末泊りがけで行っていました。

彼の勤めているお店は、いろんな有名人が毎日のように来る人気のお店のようで、そこで働く彼の手料理を毎回家で食べれることに幸せを感じていました。

ところが、そのメニューは毎回必ずパスタ。しかも、オリーブオイルが滝のように注がれた、ギトギトのもの。どうだ!と言わんばかりのドヤ顔で、毎回お皿に盛り付けてくれる彼なのです。

味は確かに美味しいのですが、ダイエットをしていた私には毎食続くのが苦痛で、やっとの思いで言いました。「もっとサラダとかサッパリしたものが食べたいな」と。

すると、優しい彼は私のリクエスト通り、野菜たっぷりの美味しそうなサラダを作ってくれました。が...なんと、お手製のドレッシングが、オリーブオイルでギトギト。私はサッパリしたものが食べたいってお願いしたのに??

結局、彼とはオリーブオイル以外の理由で別れてしまいましたが、あの時の衝撃は何年経っても忘れられません。

タグ

2015年4月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:失恋

このページの先頭へ