先輩の優しさに感謝しています

先輩の優しさに感謝しています大学生の時、同じサークルの先輩に恋をしていました。その先輩とはたまたま授業のクラスが一緒で、私が一目惚れして好きになったのです。

その先輩がサークルに入っている事を知って少しでも先輩に近づきたくて、私もサークルに入ってしまったほど夢中でした。

先輩とはあまり話す機会がなかったのですが、ただ近くにいる事が嬉しくて、サークルも頑張っていました。

先輩はすごく背が高くて優しく、たくさんの女子からモテモテでしたから正直心配でもありました。

私は先輩の事を最初、見ているだけで幸せだったのですが、どうしても好きという気持ちが止められず、先輩を呼び出して告白する事にしたのです。

先輩は私の告白を聞いてとても驚いていましたが、私の事は大事な後輩だと思っていて、妹のような存在だから恋愛対象として見る事はできないと、真剣に謝られました。

とてもショックでしたが、先輩の優しさがきちんと伝わってきたので、区切りを付けてきっぱり諦めようと思えたのです。

後から先輩には昔から付き合っている彼女がいる事を知って、またかなりのショックを受けました。しかしながら、先輩とギクシャクせずに前のような関係に戻れた事は、先輩のおかげだと思って感謝しています。

タグ

2015年8月9日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:失恋

イタリアンのシェフの彼との衝撃な思い出

イタリアンのシェフの彼との衝撃な思い出イタリアンのシェフをしていた彼。大阪と東京の遠距離恋愛でしたが、仕事が多忙な彼に会う為に月に1度は私が東京の彼の家に、週末泊りがけで行っていました。

彼の勤めているお店は、いろんな有名人が毎日のように来る人気のお店のようで、そこで働く彼の手料理を毎回家で食べれることに幸せを感じていました。

ところが、そのメニューは毎回必ずパスタ。しかも、オリーブオイルが滝のように注がれた、ギトギトのもの。どうだ!と言わんばかりのドヤ顔で、毎回お皿に盛り付けてくれる彼なのです。

味は確かに美味しいのですが、ダイエットをしていた私には毎食続くのが苦痛で、やっとの思いで言いました。「もっとサラダとかサッパリしたものが食べたいな」と。

すると、優しい彼は私のリクエスト通り、野菜たっぷりの美味しそうなサラダを作ってくれました。が...なんと、お手製のドレッシングが、オリーブオイルでギトギト。私はサッパリしたものが食べたいってお願いしたのに??

結局、彼とはオリーブオイル以外の理由で別れてしまいましたが、あの時の衝撃は何年経っても忘れられません。

タグ

2015年4月25日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:失恋

このページの先頭へ